最終更新日:2012年11月16日

荒川ゆらり 〜寄居発東京湾行き〜 目次

2006年 □2007年 □2008年 □2009年
2010年 □2011年 □2012年
おいしい店の一覧 □テーマ別さくいん □リンク


2012年
1月第3週 秋谷豊さんの墓参り
5月第2週(1) 浅間石と吾妻川 
5月第2週(2) 川沿い作品展+遠山記念館の松隈洋講演会


 2011年
 1月第4週 全国円筒分水サミット
 6月第4週 小畔川のほとり
 6月第4週 熊谷・八木橋で「荒川を撮る会」写真展と熊切圭介講演会
 7月第3週 小川の醤油工場再生お披露目会
11月第4週 波久礼の金太郎から寄居の金太郎へ
11月第5週 佐藤虹二写真展+川沿い作品展


 2010年
 5月第2週 畠山重篤講演「森は海の恋人」
 6月第1週 寄居の円筒分水から小川町和紙体験学習センターへ
 6月第2週 高崎の円筒分水
 10月第4週 おやぢコンサートvol.46「牧田ゆきチャマメ・アコーディオンの世界 行雲流水」


2009年
1月第2週 待乳山大根まつり
1月第3週 タウト日記の「上野さん」(冬の京都)
1月第4週 柳橋からベニサンピット最終公演 神田川河口+山国川河口
1月第5週 深谷の「傘」、寄居の「ヴォイス」

2月第2週 蝋梅忌(第35回)
2月第3週 夢の島熱帯植物園+第5福竜丸
2月第4週 少林山達磨寺・北斗七星

3月第2週 工場でアート+川の再生現場+ピンク・フロイド
3月第4週 煉瓦亭・ひまわり・『長江にいきる』

4月第2週 安井曾太郎が荒川河畔で描いた『桜』
4月第4週 山椒魚親睦会

5月第2週 ねじめ商店+座・高円寺の『化粧』ひとり舞台
5月第3週 日生劇場の壁紙+少女歌劇
5月第5週 桂川を下る−桂離宮と聴竹居(春の京都)

7月第2週 高崎・珍竹林画廊
7月第3週 歌舞伎座『五重塔』 
8月第1週 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009
10月第5週 おやぢコンサートvol.44「セロ弾きのゴーシュ」

ページ先頭へ

2008年
1月第2週 五重塔に初詣 
1月第3週 須田剋太を見に行く−鴻巣 
1月第4週(1) 池田一の水の展示を見に行く−川口 
1月第4週(2) オリオン大星雲〜オリオンライブ 

1月第5週 深谷シネマ『水になった村』 
2月第2週 京橋で映画『すべての些細な事柄』
2月第3週 吉祥寺で映画『長江哀歌』 
3月第3週 秩父で映画『オリヲン座からの招待状』 
3月第4週 映画館捜し−寄居の銀映 

3月第2週 槻川の桃源郷−霜里農場 
3月第5週 川幅日本 1+川の国埼玉100選 
3月最終週 春の小川、春の別れ 

4月第1週 元荒川の花見 
4月第4週 元祖『春の小川』をたどる 〜代々木から浜松町
4月第5週 利根川の合流点ウォッチング 〜渋川から高崎 

5月第1週 相模川河口で荒川育ちのアーティストの展覧会 
5月第2週 小川の二十二夜塔から滑川のギャラリーとチェンバロ工房へ、驚きの縁つづき
5月第3週(1) 小川でハワイアンを聞いて『銀河鉄道の夜』へ 
5月第3週(2) 竹林のギャラリーかぐやで竹の尺八のコンサート
5月第4週(1) ふたたび『春の小川』からガウディへ 〜代々木から青山
5月第4週(2) 成田用水の川沿い作品展

6月第1週 さいたまゴールド・シアター『95kgと97kgのあいだ』
6月第2週(1) 秩父谷の絵かきに「雨滴」で再会する。ジャズをきいて須田剋太が現れる。 
6月第2週(2) 木の香をかぐや
6月第3週 多摩川・矢口の渡しから隅田川・かちどき橋 (寄居-生駒の2)
6月第4週 また『春の小川』 渋谷川のこと (寄居-生駒の3)

7月第1週(1) バス停「荒川土手」
7月第1週(2) 多摩美の図書館から「星と天文の夕べ」
7月第3週 旧・江南町の建売住宅タウン
7月第4週 旧自動車展示場でニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展
8月第2週 日本橋で天ぷらを食べる
8月第4週 釜無川の温泉

9月第1週 京亭で生駒劇場の地図を見る (寄居-生駒の4)
9月第2週 東大図書館でタウトのスケッチを見る (寄居-生駒の5)
9月第3週 生駒山へ (寄居-生駒の6)

10月第3週 京亭−東大寺−勧進帳 (寄居-奈良の7)

11月第2週(1) 大岡川をさかのぼって黄金町バザール
11月第2週(2) 北十間川から平成中村座「法界坊」
11月第2週(3) 都幾川から丸木美術館「シシュポス・ナウ展」
11月第2週(4) 鶴見線に降りたアートたち展+多摩川アートラインプロジェクト

12月第1週 桂川から淀川(秋の京都)

ページ先頭へ

2007年
1月第1週 荒川の初日の出、寄居の初詣、まれびとのむろほぎ
1月第2週 隅田川七福神
1月第3週 カヤックで荒川下り+銀座の洋食+勧進帳
1月第4週 今度こそ地下宮殿−首都圏外郭放水路・龍Q館

2月第1週(1) カワラナデシコのための野焼き!
2月第1週(2) 尾崎喜八と串田孫一が秩父へ
2月第2週   尾崎喜八の隅田川河畔の生家へ
2月第3週   深谷の旧酒蔵で七ツ梅フェスティバル
2月第4週   先端的セメント工場とローテク堆肥小屋

3月第1週 岩井昇山ツアー
3月第2週 ラフレさいたまで「あらかわ未来フォーラム」

4月第1週 元荒川の桜、荒川の菜の花
4月第2週 河川敷のゴーストタウンで春のランチ

5月第1週 信濃川−またまた雨の河口ウォッチング
5月第2週 五十鈴川を渡る
5月第3週 八高線に乗って高崎へ 
5月第4週 川口のギャラリーを見て、新荒川大橋を赤羽に渡る
5月第5週 隅田川河口の美術館で象が泳ぐ

6月第1週 谷間の灰−埼玉県環境整備センター
6月第2週 懐かしい煙突−北清掃工場
6月第4週 尾道の坂道を歩く 

7月第2週 天の川の1−尾道からお化け煙突へ
7月第3週 佐々紅華のオペレッタ−寄居、トルコ、生駒山
7月第4週 (1) 利根川と荒川の間
7月第4週 (2) 天の川の2−3人の「星のひと」
7月第4週 (3) 天の川の3−小川の七夕

8月第1週 深川へ−不運が続いたあと、最後に幸運で報われる
8月第2週 都幾川の灯ろう流し
8月第4週 分水の森、小川の匂い、富士見で暮らす

9月第1週 都電荒川線に乗って荒川の交響詩をききにいく
9月第2週 野焼きの川原にカワラナデシコ!
9月第3週(1) 立正大学ラグビー部激励会  
9月第3週(2) トンボの里公園で音楽祭
9月第5週 金勝山から十五夜の月見 

10月第1週 自転車で荒川下り 
10月第4週 元荒川の十三夜の人工月 
10月第5週 最上川を眺めて銀山川で温泉にはいる 

11月第1週 別所沼のヒアシンスハウス、建築的幸福な人生
11月第2週 秋の小川−兜川をたどる 
11月第3週 『神流川紀行』をたどる 

12月第1週 田端のおでん、日本橋の一番星、十思の鐘
12月第2週 金勝山/小川げんきプラザの初冬 
12月第3週(1) 『寄居秋景』を買う 
12月第3週(2) 早朝の荒川で流れ星、夜は高崎で第9
12月第5週 タホ川にかかるオリオンの3つ星
ページ先頭へ

2006年
4月第1週 早春、かたくりが咲く
4月第2週 春の川辺で北条まつり
4月第3週 幸田露伴が歩いた象ケ鼻は扇の要
4月第4週 露伴の家はカタツムリハウス

5月第1週 荒川と隅田川の分かれ−赤羽駅から岩淵水門
5月第2週 寄居名物のかつ丼を食べる
5月第3週 荷風のかつ丼を食べて、露伴最後の地へ
5月第4週 甲武信岳はかつ丼発祥の地

6月第2週 雨の日に堀切菖蒲園
6月第3週 初夏、はすが咲く
6月第4週 「水に浮かぶ島」展を見て、隅田川を下り、
       歌舞伎座で「荒川の佐吉」を見る

7月第1週 高崎でかつ丼を食べ、洪水の話をきく
       前橋でつくり酒屋を応援する美術展を見て、怪魚を買う
7月第2週 露伴の宿
7月第3週 夢床屋
7月第4週 浦高百年の森

8月第1週(1) 荒川が置き去りにした庭
8月第1週(2) 水天宮の花火+日本橋の水天宮
8月第2週 熊谷に森をつくる話を聞いて、花火を見る
8月第3週 幸田文に導かれて信濃川へ−越後妻有アートトリエンナーレ
8月第4週 氷屋捜し

9月第1週 1916年9月3日に宮沢賢治が寄居を歩いてから90年
9月第2週 京亭で鮎を食べる
9月第3週 池波正太郎は浅草・待乳山の生まれ
9月第4週 寄居にも乳の山
9月第5週(1) 星川と元荒川が合う 
9月第5週(2) 田山花袋にうなぎにアート

10月第1週 荒川河口を、夜、空から眺める 
10月第2週 路地の1−寄居の洗濯船
10月第3週 路地の2−谷中に露伴の五重塔跡を訪ねる
               (谷中の藍染川は隅田川へ)
10月第4週 美術館が建築を見て回る−深谷の近代建築ツアー
10月第5週 6つの堰をまとめて1つにする

11月第1週(1) 青空、急坂、風布(ふっぷ)のみかん
11月第1週(2) 立正大学のキャンパスを川が流れて荒川へ
11月第1週(3) シベリアからコハクチョウが飛んでくる

11月第2週 天竜川の人−本田宗一郎と秋野不矩と藤森照信
11月第3週 本田宗一郎の空への憧れ
        +藤森照信が呆れたほどの邸宅

11月第4週 牡蠣の1−気仙沼から石巻
12月第1週 牡蠣の2−江戸前の牡蠣
12月第2週 牡蠣の3−寄居の貝殻淵

12月第3週 日だまりハイク、展望温泉、波久礼で一杯
12月第4週 幸田露伴の五重塔、幸田文の三重塔

ページ先頭へ

・文章・写真とも、引用・借用のものはその旨記載しています。その他はすべてホ−ムペ−ジ制作者のオリジナルです。いずれも無断複製・使用はご遠慮ください。©Kawai/Watanabe.2006-2012 リンクフリ−です。
こちらは「川」版。別に「山」版として [ 山を歩いて美術館へ ] 、「図書館」版として[今日は遠くの図書館 ]があります。
・このホームページの制作者・渡辺恭伸へのご意見などは aoi310@@mitoho.com にお送りください。(@を1つ削除して送信してください)