山を歩いて美術館へ 



気持ちのいい山に登ってから、素敵な作品を見に美術館に行く!(+美術館の建築も楽しんでしまおう!)

山と美術館の両方を楽しむ旅行記&コ−ス案内です。



  [ 県別 INDEX  作家別 INDEX  建築家 INDEX  掲載館 INDEX ]  全コース
道草 INDEX  リンク




■ ここしばらく山から流れおりてしまって、川歩きと図書館めぐりをしています。

荒川ゆらり
 〜寄居発東京湾行き
今日は遠くの図書館
 「こんな図書館!」探し



連載中:


■<高崎哲学堂発 井上房一郎、ブルーノ・タウト、アントニン・レーモンドをめぐる旅>の

第7回 [ 西なぎさから葛西臨海水族園・歌舞伎座

東京湾岸をヘリコプターで飛ぶ機会がありました。
お台場やら、汐留やら、上空から眺めて、とても楽しいものでした。
ヒゲの形の(あるいは越前くらげみたいな)人工のなぎさがあることを上空から知って、これはよさそうなところだと見当をつけて、別な日、歩いて行ってみて、近場なのに、思いがけず至福の1日になりました。
それに、井上房一郎は、坂東玉三郎の初代後援会長でもありました。山田かまちと同様、若い才能を見出し、世にだすことにも尽くしました。

葛西沖の人工のなぎさ 葛西臨海水族園 汐留


井上・タウト・レーモンドのシリーズの全体は、

第1回[ 観音山から高崎市美術館・高崎哲学堂・群馬音楽センター]
      このコースに関する人のリスト、年表、参考文献は、まとめてここにあります。
第2回[ 榛名山(掃部ケ岳)から竹久夢二伊香保記念館・榛名町歴史民俗資料館 ]
第3回[ 赤城山(黒桧山・駒ガ岳)から群馬県立近代美術館・群馬県立歴史博物館 ]
第4回[ 入笠山から (旧) 富士見高原療養所・富士見町高原のミュージアム ]
第5回[ 尾張本宮山・信貴山から博物館明治村
第6回[ 茶ノ木平・明智平から旧イタリア大使館別荘 ]
第7回[ 西なぎさから葛西臨海水族園・歌舞伎座
第8回 太郎山から山本鼎記念館・上田市立神川小学校(準備中)
第9回 独鈷山から信濃デッサン館・無言館(準備中)

[荒川ゆらり]に、続いています。
高崎でかつ丼を食べ、洪水の話をきく 
前橋でつくり酒屋を応援する美術展を見て、怪魚を買う


信濃川−またまた雨の河口ウォッチング
五十鈴川を渡る
八高線に乗って高崎へ
早朝の荒川で流れ星、夜は高崎で第9
佐々紅華のオペレッタ−寄居、トルコ、生駒山

金勝山から十五夜の月見
最上川を眺めて銀山川で温泉にはいる
利根川の合流点ウォッチング 〜渋川から高崎
小川の二十二夜塔から滑川のギャラリーとチェンバロ工房へ、驚きの縁つづき
竹林のギャラリーかぐやで竹の尺八のコンサート
ふたたび『春の小川』からガウディへ 〜代々木から青山

多摩川・矢口の渡しから隅田川・かちどき橋 (寄居-生駒の2)
また『春の小川』 渋谷川のこと (寄居-生駒の3)
京亭で生駒劇場の地図を見る (寄居-生駒の4)
東大図書館でタウトのスケッチを見る (寄居-生駒の5) 
生駒山へ (寄居-生駒の6)
京亭−東大寺−勧進帳 (寄居-奈良の7)

少林山達磨寺・北斗七星
桂川から淀川
タウト日記の「上野さん」
日生劇場の壁紙+少女歌劇
桂川を下る−桂離宮と聴竹居
高崎・珍竹林画廊
高崎の円筒分水

[今日は遠くの図書館] にも続いています。
[ 琵琶湖東岸に鬼頭梓とヴォーリズの図書館を訪ねる ]
[ 水戸芸術館 ]
[ 新潟で水と図書館をめぐる(高崎駅・新潟港)]
[ 北村薫・大野隆司対談「猫と文学」/さいたま文学館]
[ 精華大学図書館−老舎のSFをめぐって(井上房一郎と巴金)]
[ 瀬戸内の図書館とアートをめぐる(ジョージ・ナカシマ記念館)]
[ 避暑地の出会い(軽井沢高原文庫)]
[ 大阪東部の大図書館と南部の小図書館(山本鼎)]
[ 和歌山県立図書館・和歌山市民図書館(トルコ、タウト、山本鼎)]
[ 少林山達磨文庫(仏教図書館) (洗心亭、山本鼎、井上工業)]
[ 日本赤十字にじいろライブラリー+Rainy Day Bookstore & Cafe (綿貫不二夫)]
[ 大倉精神文化研究所図書館+神奈川大学図書館(『湖畔の聲』)]

とくに井上房一郎と山本鼎の別荘について、[今日は遠くの図書館]の中の
[避暑地の出会い] 2010.09 no.41
[松竹大谷図書館・外務省外交史料館] 2010.10 no.46
[少林山達磨文庫(仏教図書館)] 2010.12 no.55
[神奈川県立図書館・横浜市中央図書館] 2011.05 no.65
[芳賀町総合情報館図書館] 2011.11 no.85
[外務省外交史料館(2)] 2011.11 no.86
[詩人・尾崎喜八の第38回蝋梅忌]2012.2 no.9

以後もしばらく続ける予定です。



文章・写真とも、引用・借用のものはその旨記載しています。その他はすべてホ−ムペ−ジ作成者のオリジナルです。いずれも無断複製・使用はご遠慮ください。©Kawai/Watanabe.1999-2012 リンクフリ−です。